嵐山ライトアップ「嵐山・花灯路2019」を120%楽しむモデルコースを京都人が組んでみた!

嵐山で行われるライトアップ「嵐山・花灯路2019」。

その舞台となる嵐山は、平安時代には貴族の別荘地として栄えた、風光明媚な京都を代表する観光地。

特に、渡月橋から嵐山の景色は、今までも多くの人々の心を魅了してきた嵐山の名所です。

そんな嵐山で行われる「嵐山花灯路」の見どころをご紹介していきます。

1.「嵐山花灯路」2019年ライトアップ期間

2019年の「嵐山花灯路」ライトアップ期間は、下記の通り。

日程:2019年12月13日(金)~12月22日(日)
点灯時間:17:00~20:30

10日間のみの開催ですのでお見逃しなく。

2.「花灯路」とは何か?

京都の夜の新たな風物詩として始まった「京都・花灯路」は、京都を代表する寺院・神社をはじめとする歴史的な文化遺産やまち並みを照らすライトアップ。

灯りと花により、散策したくなるような「華やぎのある路」を演出する、京都を挙げてのライトアップイベントです。

平成15年3月からは「東山地域」にて、平成17年12月からは「嵯峨・嵐山地域」にて実施されてきました。

3.「嵐山花灯路」京都駅発!おすすめ散策モデルコース

見どころが多い「嵐山」は、とても17:00-20:30の3時間半で、すべて回ることは出来ません。

そこで今回は、ライトアップが始まる時刻より早めに現地入りし、嵐山花灯路を「一日で120%楽しめるモデルコース」を作成してみました!

14:00京都駅発→JR嵯峨野山陰線にて移動

→14:30嵯峨嵐山駅着

→15:00「嵐電・嵐山駅」へ移動(徒歩8分)→「キモノフォレスト」見学

→16:00「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」で食べ歩き

→17:00「野宮神社」へ移動(徒歩1分)

→17:30「竹林の小径」へ移動(徒歩6分)

→18:00「りらっくま茶房」で食べ歩き(徒歩6分)

→18:30「渡月橋」へ移動(徒歩9分)

→19:00「法輪寺」へ移動(徒歩7分)

→20:00 帰途へ

14:00京都駅から「JR山陰線」にて移動

ここからは、それぞれの見どころを掘り下げていきます。

いよいよ旅の始まり。14:00、京都駅スタート!

ライトアップ開始時間より、少し早めに「嵐山」について、嵐山を満喫されるのがオススメ!

JR山陰線園部行にご乗車、各駅停車で約17 分 (7 駅) 「嵯峨嵐山駅」到着です。料金240円。

15:00「嵐電・嵐山駅」へ移動→着物フォレスト見学

徒歩で「嵐電・嵐山駅」に移動。700m、約9分。
ちなみに、「嵐電」は、京福電気鉄道の路面電車で、北野線と併せて嵐山線、通称嵐電(らんでん)と呼ばれています。

リニューアルされた「嵐電・嵐山駅」に出来た新しい新名所「着物フォレスト」は、「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア内の新名所。

京友禅の生地を使ったポール約600本が立ち並ぶ「友禅の林」。
嵐山駅の空間内に、はんなりとした美しい光に包まれた風景です。

さらに、駅構内には「足湯」もあります。 散策の途中の「ひとやすみ」にピッタリ。

16:00「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」で食べ歩き

リニューアルされた、「嵐電・嵐山駅」構内は、改札口もなくされたため、自由に散策や休憩できる空間に変身。

またテイクアウトした商品を、気が向いたところで椅子に腰掛けて召し上がることも出来ます。

「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」内の店舗一覧です。

嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアで食べ歩きができる店

SASAYA IORI+桑や(ソフトクリーム他)
茶茶屋(タピオカ)
おのみやす本舗嵐山(抹茶ソフト)
らんでんや(団子)

嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアのカフェ・レストラン

タリーズコーヒー
OBU CAFÉ京都嵐山(レストラン)
嵐丼

嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアの京みやげ店

京つけもの もり
井筒八ッ橋本舗
ARINCO(抹茶ケーキ)
くろちく(和雑貨)
こすもす(コスメ)
桃肌こすめ本店
キテキテ嵐山店(和雑貨)

17:00「野々宮神社」


jp3exeさんによる写真ACからの写真

いよいよ、ライトアップの始まりです。

「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」から、竹林を通り過ぎ、「野々宮神社」へ進みます。


京都フリー写真素材

「野々宮神社」は、「恋愛成就」の神様。

カップルの方も、そうでない方も、良い恋愛が出来るよう、お願いしましょう!

 

17:30「竹林の小径」


京都フリー写真素材 

「野々宮神社」から、さらに奥へ進むと「竹林の小径」の素晴らしいライトアップが待っています。

こちらは、嵐山・花灯路の中でも人気の「SNS映え」間違いなしのスポット!
是非、写真に収めて帰りましょう!


京都フリー写真素材

18:00「りらっくま茶房」で食べ歩き

嵐山には、「嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア」以外にも、食べ歩きしたい店が沢山あります。

こちらは、抹茶ソフトクリームや温かいコーヒーがいただける「りらっくま茶房」。

お店には、可愛いりらっくまグッズが沢山あり癒されること間違いなし。

18:30「渡月橋」


京都フリー写真素材

「りらっくま茶房」でゆっくりした後は、再び歩いて「渡月橋」へ。

「竹林の小径」を合わせて、こちらもSNS映えする人気スポット。パチリと写真に収めて帰りたいですね!

19:00「法輪寺」

「渡月橋」を渡り、続いては、嵐山の中腹に位置する「法輪寺」。

こちらでは、境内が緑や赤の光で照らされる「デジタル掛け軸ライブ」を楽しめます。

建物や山に映し出される抽象画像は、約100万枚!

紺色、黄色、オレンジ色、赤色などの幻想的な模様が映し出される「デジタル掛け軸ライブ」は見ごたえ抜群です。

4.「嵐山花灯路」その他の見どころ

「嵐山花灯路」は、その他散策していると見つかるSNS映えスポットが点在。

散策しながら素敵なスポットを見つけてみてください。

5.「嵐山花灯路」2019年案内地図

今までご紹介した、花灯路のライトアップの経路図です。

その他の詳細については、「京都・花灯路推進協議会事務局」公式ホームページ にてご確認ください。

出典:2019 京都・花灯路推進協議会公式

まとめ

以上、「嵐山花灯路」の見どころを、一日のモデルコースでお届けして参りましたが如何でしたか?

「嵐山花灯路」へこれから行かれる方への参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA