【保存版】2020年京都祇園祭の歩行者天国になる時間と交通規制情報を徹底解説

祇園祭といえば日本三大祭りのひとつです。
毎年開催期間中に約180万人の来場者が訪れるという日本でも有数のお祭りとなっています。

そんな祇園祭ですが、京都市内が歩行者天国になることでも知られており、特にこの2日間はかなりの人で混み合います。
子供連れや車で移動する予定のある方は特に注意が必要です。

そこで、京都祇園祭の歩行者天国になる時間とエリアについてどこよりもわかりやすく解説致します。

【屋台や祇園祭りの日程】を詳しく書いた記事もあるのであわせて読んでみて下さい。

【保存版】2020年京都祇園祭の日程と屋台についてを徹底解説!


2020年祇園祭の歩行者天国の日程と時間

気になる歩行者天国の日程は以下の2日間です。

歩行者天国の日程と時間
2020年7月15日(水)18:00〜23:00
2020年7月16日(木)18:00〜23:00

ちなみに屋台の営業は7月14日(火)〜7月16日(木)までの3日間だけです。
店によって屋台を出店している日程が異なるのでご注意くださいね。

こういう情報を知っていると、祇園祭をより満喫できますよ。

歩行者天国になる時間は18時〜23時で、日が落ちる手前の夕方頃からになります。

この時間帯から人が溢れかえってきて、日が落ちてしまえば人の数はかなり増えるので、前もってどこを回るかなどの計画を立てておくのもいいですね。

2020年祇園祭の歩行者天国のエリア

【保存版】2019年京都祇園祭の歩行者天国になる時間と交通規制情報を徹底解説

引用:京都新聞公式サイト

上記のマップが歩行者天国になる予定のエリアを示しています。
結構範囲が広いのですが、狭い道に山鉾があり、更に屋台も出店していますので人で溢れかえります。

本当に人だらけになり、前に歩くのも少しずつでベビーカーで来たり、大量の荷物を持っていると大変です。

複数人で来ていたり、子連れの方ははぐれないように気をつけましょう。
はぐれてしまった事を想定して、あらかじめ待ち合わせ場所を決めておくのもいいと思いますよ。

2020年京都祇園祭の交通規制情報

※2019年7月更新いたしました。
祇園祭では鉾建てが始まる7月10日(金)〜25日(土)まで、四条通り周辺で期間中終日の交通規制が実施されます。

日程ごとの地図やより詳しい区間は京都府警のホームページでご確認ください。

◯山鉾建てに伴う臨時交通規制マップ【7月10日(金)〜7月18日(土)】

【保存版】2019年京都祇園祭の歩行者天国になる時間と交通規制情報を徹底解説
【保存版】2019年京都祇園祭の歩行者天国になる時間と交通規制情報を徹底解説

◯車両通行止め

道路名 区間 期間 時間 対象
室町通 錦小路通〜四条通 7月10日(金)〜7月18日(土) 終日 車両*1
蛸薬師通〜錦小路通 7月12日(日)〜7月17日(金)
綾小路通〜仏光寺通 7月13日(月)〜7月18日(土)
新町通 錦小路通〜四条通 7月11日(土)〜7月18日(土)
綾小路通〜仏光寺通
仏光寺通〜高辻通
四条通〜綾小路通 7月13日(月)〜7月25日(土)
東洞院通 高辻通〜松原通 7月12日(日)〜7月18日(土)
油小路通 綾小路通〜高辻通 7月13日(月)〜7月17日(金)
錦小路通 烏丸通〜新町通
綾小路通 室町通〜新町通 7月13日(月)〜7月17日(金)
新町通〜西洞院通 7月13日(月)〜7月18日(土)
西洞院通〜油小路通 7月13日(月)〜7月17日(金)
仏光寺通 西洞院〜醒ヶ井通

*1 居住者・事業関係者・祭礼関係者車両及び自転車を除く

◯一方通行

道路名 区間 期間 時間 禁止方向 対象
室町通 四条通〜綾小路通 7月10日(金)〜7月18日(土) 終日 北行 自動車*1
綾小路通 烏丸通〜室町通 7月13日(月)〜7月17日(金) 西行
西洞院通 蛸薬師通〜四条通 7月13日(月)〜7月17日(金) 北行 車両*2

*1 路線バス及び二輪を除く
*2 自転車を除く

まとめ:2019年祇園祭の歩行者天国の時間とエリア

いかがでしたか?
今回は祇園祭の歩行者天国の日程、時間、エリアをお伝えしました。
もう1度おさらいしておきましょう。

歩行者天国の日程と時間と区域
2020年7月15日(水)18:00〜23:00
2020年7月16日(木)18:00〜23:00
区域:四条通り、烏丸周辺

こういった情報は前もって知っているとかなり役立ちます。

わたしが初めて祇園祭に行ったのは20年以上も前になりますが、若い頃は情報なしでもなんとかなりました。

昔は行動が歩きだったので、「車が通らなくて楽しい」くらいしか思っていなかったのです。

しかし、今となっては情報が大事というのが身にしみてわかります。

というのも、過去に1度祇園祭の日に車で移動をしようとして、どの道が通行止めになっているかさっぱり分からずに、行ったり来たりを繰り返してしまったからです。

あとは歩行者天国イコールお祭り感を味わえるので、日程を知っておくのは、祭りを楽しむ為には必要だと思いますよ。

祭りを楽しむ為、危険予測の為に是非この記事を参考にして下さいね。
あなたのお祭りが楽しいものになりますように。

【保存版】2020年京都祇園祭の日程と屋台についてを徹底解説!

【Gion Festival (Matsuri) 2019】Time schedule & Parade course of “Yama Hoko Junko” in Gion festival 2019

【2020年京都祇園祭】山鉾巡行の有料観覧席・値段・チケット購入方法についてを徹底解説!

【関連記事】【保存版】2020年京都祇園祭の日程と屋台についてを徹底解説!
【関連記事】【保存版】2020年京都祇園祭の山鉾巡行時間とコースについてを徹底解説
【関連記事】【2020年京都祇園祭】山鉾巡行の有料観覧席・値段・チケット購入方法についてを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA