【閉店】JAPANESE DELI&CAFE nonahan(のなはん)新京極店が7月31日で閉店

いつも沢山の人でにぎわう新京極、なかでも新京極六角公園周辺は中心地。

そんな好立地にあるガラス張りの素敵な店舗JAPANESE DELI&CAFE nonahan(のなはん)が2019年7月に閉店しています。

2019年7月31日でnonahan(のなはん)が閉店

いつも多くの人が行きかう新京極六角公園前がいつもと様子が違います。

いつもならランチ営業しているnonahan(のなはん)が開いてません。

入り口を見てみると一枚の貼り紙がありました。

閉店していたんですね。

開店から1年での閉店

nonahan(のなはん)が開店したのは2018年8月1日。

新鮮野菜の生産や流通を行う京都の企業、株式会社トレードが手掛けたデリカテッセン。

ブランド野菜事業や生産事業、輸出事業と着実に多角化を推進し、京都府産野菜や地域野菜の生産力強化や、野菜の価値を消費者に直接届ける取り組みを拡充してまいりました。
株式会社トレード 企業情報より

新京極という好立地と新鮮野菜で何度か利用しました。ちょうど一年での閉店となり残念です。

店内はそのままの状態

ガラス張りの店舗、中が見えます。まだテーブルや造作はそのままの状態です。

次の店舗はまだ決まっていないのでしょうか。

2階のカウンター席だと、公園の桜の木がとてもよく見えます。

店舗はこのままで新しいお店が入るといいかもしれませんね。

閉店したnonahan(のなはん)の所在地

〒604-8035 京都府京都市中京区桜之町441-2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA