【2019年3月1日開店】「おらが蕎麦」京都アバンティで蕎麦屋飲み!

蕎麦屋でちょっと一杯なんて粋な飲み方、されたことがありますか?

女性ひとりだと少し入りにくくありませんか?

蕎麦屋で気軽に飲めるお店が京都アバンティにニューオープンしました!

京都駅からの移動にも便利な京都アバンティなら、女性でも一人でサッと入ってお酒とお蕎麦を楽しめますよ。

昼から蕎麦屋で一杯どうですか?

京都アバンティの地下1階は飲食店街になっており、仕事帰りにお酒が飲めるようなお店が多く、職場が近いサラリーマンの方はもちろんのこと、新幹線に乗る前にちょっと飲んで帰る他県の出張組も多いです。

こちら「おらが蕎麦」は蕎麦屋ですが、ビールから日本酒、ハイボール、焼酎は蕎麦・麦・芋を揃え、逸品料理として蕎麦の邪魔にならない量の酒の肴が用意されています。

そんなサラリーマンの多いお店ですが、土曜日や日曜日はちょっと違います。

土曜・日曜・祝日は11時から通しで営業しており(平日はランチ後に一旦終了)、昼から一杯飲めます。

ランチタイムは混み合いますが、それを過ぎた2時から3時ころには、ゆっくりとお酒を楽しめると思います。

夕方からのちょい呑みセット500円!

お昼だけではありません。夕方からはお得なセットがあります。

居酒屋さんでもちょい呑みセットはありますが、1,000円のセットが多いなか、おらが蕎麦では500円という手軽さ!

ちょい呑みセットの後に、お蕎麦を食べるのにちょうどいい量と値段の設定が心憎いです。

丼の定食でランチのお腹も満足

ランチの食事としてお蕎麦だけだと少し物足りない方に丼の定食があります。

こちらのお店のお蕎麦の量は多めですが、女性の方でも食べきれる小さい丼です。

また長野名物の野沢菜漬けがいいアクセントになっています。

ランチの前にビールを一杯!というおひとりさまの女性の方も見受けられます。

テーブルには蕎麦湯とコンセント

さて座席には携帯やパソコン用のコンセントが設置されており、旅行者や出張者にとってはありがたいです。こういったところは新しいお店ならではないでしょうか。

またお水はセルフでテーブルにはピッチャーとコップが置いてあります。

更には蕎麦湯の入ったポットも置いてありますので、お茶の代わりに飲めます。

スペースの関係で小さいテーブルですと置いていないこともありますが、お店の方にお願いすればすぐに持ってきてくれます。

蕎麦屋ですと、お蕎麦を食べたあとに蕎麦湯が出てくることが多いのですが、最初から置いてあるのは珍しのではないでしょうか。

蕎麦湯はトロっとしたものではなくサラッとしており、そのままでも飲みやすく、鰹だしが効いたそばつゆに入れると、更にそばつゆのだしの味を際立たせてくれます。

お酒が好きな方なら、この蕎麦湯の入ったそばつゆで、もう一杯飲めてしまうのではないでしょうか。

「おらが蕎麦 京都AVANTI店」の店舗情報

店名:おらが蕎麦
住所:〒601-8003  京都府京都市南区東九条西山王町31 KYOTO AVANTI B1F
電話番号:075-671-8858
営業時間:平日11:00-15:00(LO14:30)17:00-22:00(LO21:00) 土日祝日11:00-22:00(LO21:00)
定休日:なし
カード:可
喫煙:終日禁煙
Wi-Fi:なし
電車:JR東海道本線 京都駅 地下鉄 京都駅
HP:https://www.gourmet-kineya.co.jp/brands/3/

まとめ

関西では蕎麦湯を飲む習慣がない方もいるといわれます。

蕎麦湯だけでは飲みにくい場合は少しお塩を入れると飲みやすくなりますのでお試しください。

女性一人でもはいりやすので、おらが蕎麦で蕎麦屋飲みもチャレンジしてみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA