【補助金制度】京都市内で犬猫を飼っている人必見!避妊・去勢手術に最大6,000円!

近年、犬や猫を飼っている人が増えてきていると思います。
どんなルートで犬や猫を我が家に迎え入れたとしても、一度は訪れる第一の関門「避妊・去勢手術」。

家族の一員となったペットと健康的に長く一緒にいる為にも、避妊・去勢手術は推奨されています。
でも、手術の金額って気になりますよね。

そこで京都市内にお住まいの方に朗報です。
京都市内で猫や犬の去勢手術で補助金が受けることができるのです!

最大6,000円も補助が受けれる制度をご紹介していきたいと思います!

避妊・去勢手術とは?

そもそも、避妊・去勢手術とは?

独特の鳴き声やスプレー行為というマーキングなど、飼い主には少し困った行動を起こすいわゆる盛りの時期。
それが大体生後6ヶ月。

その時期を目処に精巣・卵巣・子宮などの生殖器を切除します。

避妊・去勢手術のメリット・デメリット

避妊・去勢手術をした方が良いとは聞くけれど、大切な家族であるわんちゃんやねこちゃんに、メスをいれるって心配ですよね。
ここからは、手術を受けることのメリット・デメリットにふれたいと思います。

メス犬・メス猫への避妊手術のメリット・デメリット

メリット

望まない出産の予防、発情期特有の大きな声で鳴くことがなくなり近所迷惑の予防。
性行為による感染症の予防、卵巣や子宮の病気予防、乳腺腫瘍の予防。

デメリット

赤ちゃんを産ましてあげることができない。
肥満になりやすくなる。

オス犬・オス猫への避妊手術のメリット・デメリット

メリット

望まない妊娠の予防、スプレーという強い尿のような匂いがするマーキング行為の防止、メスを探すために外に出たがる行為、その行為により交通事故や喧嘩による怪我や感染症の予防。
精巣の病気予防。

デメリット

赤ちゃんが欲しくなっても産ませられない。
肥満になりやすい。

手術に要する時間は?

犬猫ともに、手術の時間は1〜2時間。
日帰りか1泊の入院で自宅へ帰ることができます。

避妊・去勢手術にかかる費用の相場

犬猫共に病院により異なりますが、相場としては下記の通りです。

・オス(日帰り)15,000円〜30,000円
・メス(1泊)25,000円〜40,000円

ペットの避妊・去勢手術に対する補助金制度とは?

各自治体ごとに、犬猫の避妊・去勢手術に補助制度が設けられています。
条件や受けれる補助の金額は自治体により異なります。

京都市の補助制度の概要

公益社団法人京都獣医師会会員の動物病院で実施する犬猫の避妊・去勢手術に対し手術費用の補助。
及び、京都市獣医師会からの同額補助。

京都市から3,000円+京都市獣医師会から3,000円=補助金合計6,000円を受けることが可能。

但し、動物病院により補助できる件数が限られているので問い合わせが必要です。

最大で6,000円の補助が受けれるのは嬉しいことですよね。

これから避妊・去勢をお考えの京都市にお住まいの方は、京都市獣医師会に直接問い合わせてみるか、近くに京都獣医師会の会員である動物病院を京都市獣医師会のHPから事前にチェック・相談しておくとベストです。

「公益社団法人 京都市獣医師会」の施設情報

店名:公益社団法人 京都市獣医師会
住所:京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地 京都動物愛護センター内
電話番号:075-693-9006
営業時間:10:00〜16:00
電車:近鉄京都線 十条駅 徒歩5分
バス:京都市バス 十条大宮下車 徒歩5分
施設駐車場:なし
最寄駐車場:Dパーキング京都 動物愛護センター前
HP:http://www.kyoto-shiju.or.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか?
京都市のペットの避妊・去勢手術に関する補助金をご紹介しました。
京都に住んでいても補助金や助成金のことは知ってるようで知らないこともたくさんありますよね。

家族の一員であるワンちゃん・ネコちゃんの健康な長生きのために。
避妊・去勢手術をお考えの方の参考になればと思います!

これからも、京都の皆さまの為になる情報を共有させていただきますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA