京都の酬恩庵一休寺開催の1年に1度のイベントでおぜんざいを食べてみよう!

ぜんざい

「このはしわたるべからず」などの数々のとんち名言がある、一休さんをご存知ですか?

その一休さんが晩年を過ごしたお寺が京都にあります。
その名も酬恩庵。

酬恩庵では、新緑から紅葉まで四季折々の景色を楽しめる京都の人なら知る人ぞ知る有名なお寺。

実はここ酬恩庵でおぜんざいを食べながら、一年の誓いをたてられるイベントがあるということで早速今日はご紹介することにしました。

ぜんざいが好きな人なら絶対に行って欲しいイベントです!

実はぜんざいの名付け親は一休さんという説がある

お坊さんぜんざいは漢字で「善哉」と書きます。

実はこのぜんざいの名付け親が一休さんと言われているとか。

一休さんは、1月1日に生まれ、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになったそう。

その時に、
「善哉此汁(よきかなこのしる)」

とおっしゃったことから善哉=ぜんざいとなったと言われています。

一休善哉(いっきゅうぜんざい)の日というイベントが1年に1度ある

一休善哉のイベント一休善哉(いっきゅうぜんざい)の日というイベントが1年に1度、この酬恩庵で開催されています。

1月の最終日曜日が開催日となっているとのこと。

この日は、1年間の各人が目標を決め誓いを絵馬に書き込みます。

そしてその後、一椀の善哉(ぜんざい)がふるまわれるというイベント。

このようなイベントを行う背景には、ひとりひとりの誓いの実現を後押ししたい思いがあるそう。

開催時間や料金はどうなっている?

酬恩庵開催時間は、10時〜16時までとなっています。

料金は1,000円で、拝観料や絵馬、祈祷料、善哉(ぜんざい)込み。

普段は、拝観料で500円がかかるようですが、この日は、ぜんざいや拝観料すべて込みで1,000円となっているそうです。

但し人数制限があるとのことなので、お早めに!

一休善哉イベントの口コミ・評価

過去のイベントの様子はこんな感じでシェアされていました。

 

View this post on Instagram

 

1月最後の日曜日は一休善哉の日。 #一休寺 #一休善哉 #ぜんざい

hizakozouさん(@hidamotoh)がシェアした投稿 –

とってもぜんざいが美味しそう!

酬恩庵の詳細情報

アクセスは、公共交通機関だと、電車だと下車してから20分以上かかるので、バスがおすすめ。
車は境内に駐車場がありますが、有料です。金額は以下。

・乗用車 300円
・小型・中型バス 500円
・大型バス 800円

名称:酬恩庵一休寺
住所:京都府京田辺市薪里ノ内102
電話番号:0774-62-0193
参拝時間:9:00~17:00(但し、宝物殿は、9:30〜16:30)
参拝料:大人500円(中学生以上)、小人250円
団体大人450円(30名様以上)、団体小人225円

電車:近鉄「新田辺」から徒歩25分、JR「新田辺」から徒歩25分
バス:京阪バス「一休寺」から徒歩5分
施設駐車場:あり(有料)
最寄駐車場:タイムズ京田辺駅前
HP:http://www.ikkyuji.org/

まとめ

一休さんゆかりのお寺という酬恩庵を紹介しましたが、1年に1度というこの機会にしかないぜんざいが堪能できるイベントにとっても興味が湧きました。
おぜんざいが好きな人なら、絶対に楽しめること間違いなしですね!

1年の誓いを立てつつ、みんなでその目標を分かち合いながらぜんざいを楽しめるのはここだけ。
是非訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA