【2019年3月16日】京都経済センター内に商業施設「すいな室町」開業!その魅力を徹底調査!

スイナ室町

キョウトタワーサンドに続き、この春四条烏丸にも商業施設がOPEN予定!!

ここ何年も工事が続いていた京都烏丸の南西の建物。
ここ最近は囲いも外され少しずつ外観の様子も見えるようになってきましたよね!

京都経済センター内に新たに開業する商業施設その名も「すいな室町」ご紹介していきます!

2019年3月16日にOPEN!SUINA室町(スイナ室町)とは

スイナ室町

ビル全体は京都らしさを残したモダンな佇まいのビル。
コンセプトである、「京都暮らし・京都で暮らしたい」を建物に表現した落ち着いた外観になっています。

建物の上層階は京都商工会議所をはじめ事務スペースに。

低層階、地下1階から2階まではテナントが入り一般客でも利用できる商業施設です。
ここがSUINA室町なんです!

スイナとは?

スイナ室町

スイナとは昔からある京ことば「粋な(すいな)」からきているそうです。

またみんなから「好い」てもらえて心奪われる「酔い(すい)」な場所でありたいとの願いも込められているそう。

注目施設はポケモンセンター??

スイナ室町

肝心なテナントは何が入るのでしょう??

2階は物販系

1階は書籍(大垣書店)

地下1階はフードホール

となっています。

スイナ室町

1階に書籍があるのは嬉しいです。
目の前が市バスのバス停ということもあるので更に人が集まりそうですよね!!

そして2階の物販にポケモンセンターキョウトが京都高島屋より移転となりオープン。
その広さも高島屋店の約2倍というから、いかに今までも多くの人が利用していたかが伺えますよね!

地下1階はSUINA室町FOODHALL

スイナ室町

京都タワーの地下にできたキョウトタワーサンドも連日多くの人で賑わっています。
ランチにも、カフェにも、ディナーにも。お酒を呑む人やスイーツを楽しむ人など、どの時間に来店しても満足できるシステムがフードホールの魅力ではないでしょうか。

このスイナ室町にも、和洋中からカフェまで様々なお店がオープン!!

京都嵐山にも店を構える手打ち蕎麦「清修庵(せいしゅうあん)」や京都祇園に昭和52年に開店した中華料理店「青冥(ちんみん)」、京串焼きの「丸庄商店」から神戸や大阪などで多くの店舗を構える、魚とお野菜のイタリアン「アルバータ」。

その他にも京都らしい和カフェなど様々なジャンルのお店が14店舗が出店しますよ!

23時までの営業時間!

なんと1階とフートホールの営業時間は23:00まで!

烏丸エリアはビジネス街でもあるので、近くで仕事をしている人は嬉しい営業時間だと思います。

仕事終わりに会社仲間と、友人と、1人でサクッと。
待ち合わせの間に!などなど使える幅は広がりそう!!

オープンの3月16日が今から楽しみですね!!!

「SUINA室町」の店舗情報

店名:SUINA室町(スイナ室町)
住所:京都市下京区四条道室町東入函谷鉾町78番地
電話番号:店舗による
営業時間:【2階】10:00〜20:00【1階】10:00〜23:00(一部店舗により営業時間が異なる)【地下1階】11:00〜23:00
定休日:
カード:使用可
喫煙:
Wi-Fi:
電車:京都市営地下鉄烏丸線 四条駅・阪急京都線 烏丸駅 直結
バス:京都市バス 四条烏丸下車すぐ
店舗駐車場:有り
最寄駐車場:リパーク室町綾小路
HP:https://suina-muromachi.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA