【保存版】五山送り火2019交通規制の時間や場所について徹底解説!

五山送り火は、葵祭、祇園祭、時代祭とともに京都の四大行事のひとつとされている伝統文化です。

「大文字焼き」や「大文字の送り火」という名で知られていますが、正式には「五山送り火」といいます。

そんな五山送り火は、お盆の期間に迎えた「お精霊(しょうらい)」と呼ばれる先祖の霊をあの世へと送るための大切な儀式なのです。

そんな儀式を一目見たいと、毎年8月16日は沢山の観光客や地元の人で賑わいます。
しかし、実際に訪れるのであれば交通規制の時間や場所を知って起きたいところですね。

そこで今回は、2019年五山送り火の交通規制が実施される時間や場所を詳しく説明していきます。
是非チェックしてみて下さいね。


五山送り火2019交通規制の時間や場所について

五山送り火2019の交通規制の時間や場所について紹介していきます。
まずはこちらが2017年版の交通規制図になります。

毎年8月16日は五山送り火に伴い、京都市の「北区」「左京区」「右京区」で臨時の交通規制が行われています。

加茂街道(葵橋以北)や渡月橋周辺などが、午後の7〜9時に歩行者専用道路となります。

この日は見物客や車で京阪出町柳駅の周辺などがかなり混雑します。
人出は約10万人前後を見込み、警察官は昨年約550人が配備されたようです。

五山送り火2019道路の混雑状況

道路の混雑状況は、毎年たくさんの観光客や車などで、「京阪出町柳駅周辺」や「北野白梅町交差点周辺」などのエリアが混雑しています。

人出は年々観光客などが増えてきており、約10万人を見込んでいるので、ものすごい人の量になります。

また、交通規制が解除された午後9時以降でも、子連れの方や年配の方も多いので事故などにも気をつけましょう。

まとめ:五山送り火2019交通規制の時間や場所について

いかがでしたか?
今回は五山送り火2019交通規制の時間や場所についてを説明いたしました。

もう1度おさらいしておきましょう。

交通規制の場所:加茂街道(葵橋以北)や渡月橋周辺など
交通規制の時間:午後7〜9時
道路の混雑状況:「京阪出町柳駅」「北野白梅町交差点」周辺が毎年混雑します。

こういった情報は、五山の送り火を楽しもうと思ったら欠かせません。
交通渋滞に巻き込まれたり、交通規制で行きたい方向に行けないなんて事になったら大変ですよね。

なので、車で混雑を避けたいのであれば、交通機関をうまく活用して山岳へアクセスする事をおすすめしますよ。

以上の事を参考にして、京都の四大行事である「五山の送り火」を楽しんで下さいね!

【保存版】2019年五山送り火の天気が雨の場合に延期や中止になるのかを徹底解説!

【保存版】2019年京都五山送り火の中継をライブカメラで見る方法を徹底解説!

【保存版】大文字焼き「京都」2019年の日程や点火時間と穴場スポット、ホテルを徹底解説!

【関連記事】【保存版】2019年五山送り火が雨で延期や中止になるのかを徹底解説!
【関連記事】【保存版】2019年京都五山送り火の中継をライブカメラで見る方法を徹底解説!
【関連記事】 【保存版】大文字焼き「京都」2019年の日程や点火時間と穴場スポット、ホテルを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA