京都修学院の名所を散策!大きな数珠が有名な「赤山禅院(せきざんぜんいん)」【修学院】

京都の修学院に「願いを叶えてくれる」と伝えられている場所があるのをご存知でしょうか?

京都には縁結び・縁切りの神社や寺が複数あり、パワースポットと称されるような場所がたくさんあります。

その中でも今回は「願いを叶えてくれる」と伝えられている「赤山禅院(せきざんぜんいん)」をご紹介します。

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」は観光客が少なく、ゆっくりとした時間の味わえる場所です。
自然に囲まれて心をリラックスするのもいいと思います。

それでは見てみましょう。

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」について

まずは「赤山禅院(せきざんぜんいん)」について少し触れたいと思います。

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」は、平安時代の仁和4年(888年)に、創建されました。
天台宗総本山 延暦寺の塔頭(たっちゅう)の一つです。

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」は、平安京の東北にあり、表鬼門に当たることから、赤山大明神は皇城の表鬼門の鎮守としてまつられました。
現在も方除けのお寺として、広く信仰を集めています。

簡単な説明はこんな感じです。

表道を歩きます。
左手に拝殿が見えてきました。

秋は紅葉が綺麗で「紅葉寺」と呼ばれるくらいなんですよ。
今回は時期的に紅葉ではないですが青もみじも綺麗です!

写真の上部に鬼門除けの猿がいます。
皇城を守護してくれているとの事です。
昔よなよな悪さをしたために網に入れられているのだとか。

気になる御朱印はこんな感じです

順路の途中で御朱印も書いてもらえます。

まずは赤山大明神ですね。

続きまして福禄寿殿です。
御朱印の受付は9:00〜16:30までなのでご注意ください。
各¥300となっています。

やっぱり御朱印は迫力あっていいですよね。
よかったら書いてもらってください!

願いが叶う?!「正念誦(しょうねんじゅ)・還念珠(かんねんじゅ)」

順路通りに歩くと「何だこれは!」と思ってしまうでっかい数珠が出てきました。
この数珠は二つあって二度数珠をくぐることになります。
これは密教の重要な考え方を示したものです。

まず初めに出てくるのが「正念誦(しょうねんじゅ)」。
数珠をくぐりながら心に浮かんだ願い事を、参拝の間中思いつづけます。

そして最後に出てくるのが「還念珠(かんねんじゅ)」です。

この「還念珠(かんねんじゅ)」をくぐりながら、先ほどの願いが大切だと感じるなら、その願いに向けて努力することを誓ってください。
その時に仏様に力をかして下さるように祈りましょう。

そうすることによって仏様のご加護があると伝えられています。

という感じで、大きな数珠をくぐると願いが叶うと伝えられている「赤山禅院(せきざんぜんいん)」のご紹介でした。
何か願いがある時や、心をリラックスさせたい時に訪れてみるのはいかがでしょうか?

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」の口コミ・評判

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」の情報

名称:赤山禅院(せきざんぜんいん)
住所:〒606−8036 京都市左京区修学院開根坊町18
電話番号:075−701−5181
参拝時間:9:00〜16:30
参拝料金:無料
電車:叡山電鉄「修学院」から徒歩20分
バス:市バス「修学院離宮道」から徒歩20分

施設駐車場:なし
最寄駐車場:キョウテク叡電宝ヶ池駅前パーキング
HP:http://www.sekizanzenin.com/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA