【2019年最新版】五穀豊穣を祈るなら貴船神社の「雨乞祭」がおすすめ

雨乞祭

今年の農作物の豊作をお祈りしたい!
どうか一年の天候が雨や晴れにと恵まれますように・・・

とお祈りしたいなら、是非行って欲しいイベントがあります。

それは「雨乞祭」

場所はあの日本屈指のパワースポットとして有名な「貴船神社」で行われます。

水の神様として司る貴船神社で行われる雨乞祭とは一体どのようなものなのか今回は2019年の最新情報として紹介していきますね!

雨乞祭とは?

貴船神社
雨乞祭とは、”あまごいまつり”と言われており、その名の通り、1年間の水の恵みと五穀豊穣をお祈りするお祭りになります。

かつて、歴代の天皇達が、生馬を捧げて雨乞・雨止の祈願されたと伝えられています。
雨乞には黒馬、雨止めには白馬が献じられました。

雨乞祭では、本殿入り口に神職が揃うと、水を天地に振りまきます。
「雨たもれ、雨たもれ! 雲にかかれ、鳴神じゃ!!」と。

農作物を育てるのにも、ただ晴れているだけではダメで、適度に雨も必要。
雨が降らなくては作物も枯れてしまいます。

なので雨、晴れとバランス良く天候に恵まれますようにという意味を込めてお祈りされるそうです。

古絵馬焼納式も。貴船神社は実は絵馬発祥の地でもある

雨乞祭り-絵馬焼くこの雨乞祭では、古絵馬焼納式も行われます。

昔は生きた馬を奉げていた事に由来して行われていたとのこと。

実は、貴船神社は絵馬発祥の地とも言われています。
馬
本宮では白と黒の2頭の馬の像が私たちを出迎えてくれるので訪れたら是非確認してみてくださいね!

いつ開催するの?混雑状況は?

雨乞祭日時は毎年決まっており、3月9日に行われます。
2019年は、土曜日。

朝の10時から開催されます。

休日にあたるので、今年は人手が多そうな予感。
休日となると、結構な人手になるそうなので、早めの訪問がおすすめです。

貴船神社は水を司る神として他にもこんなイベントがある!

貴船神社貴船神社は水を司る神として他にもこんなイベントがあります。

6月 1日・・・貴船祭
6月30日・・・夏越の大祓式
7月 7日・・・貴船の水まつり、七夕祭り
9月 9日・・・菊花神事
11月1日・・・秋季御更衣祭
11月7日・・・御火焚祭 ・ 御日供講員大祭
12月31日・・・師走の大祓式

貴船神社の詳細情報

貴船神社へ公共交通機関を利用する場合、最寄りはバス停のみ。
叡山電鉄かバスで貴船口まできて、そこからバスで最寄りのバス停「貴船」までいくことになります。

駐車場は25台と台数に制限があるので、イベント時などの混雑が予想される日の訪問は、公共交通機関を利用するのがおすすめ!

名称:貴船神社
住所:京都市左京区鞍馬貴船町180
電話番号:075-741-2016
参拝時間(本宮 開門時間):6:00~20:00 (5月1日~11月30日)
6:00~18:00 (12月1日~4月30日)
※但し正月三が日は20:00閉門
水占みくじ、お守り、御朱印などの授与受付時間:9:00~17:00

参拝料:無料
バス:京都バス「貴船」から徒歩5分
施設駐車場:あり(2時間500円)
最寄駐車場:ふじや 駐車場
HP:http://kifunejinja.jp/index.html

まとめ

農作物の豊作をお祈りするイベント雨乞祭りを紹介しました。

実は縁結びの神としても有名な貴船神社。

特別な御神気に溢れたこの場所に是非訪れてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA