【完全版】2019年京都時代祭の日程や時間、ルートとおすすめ鑑賞スポットを徹底解説!

【完全版】2019年京都時代祭の日程や時間、ルートとおすすめ鑑賞スポットを徹底解説!

京都の時代祭といえば、秋の風物詩ですね。
葵祭、祇園祭と並んで京都三大祭りのうちのひとつとなります。

そんな時代祭ですが、毎年10月15日から10月23日まである祭りです。
中でも毎年10月22日に行われる時代行列は京都以外の方からも人気の行事ですね。

※2019年は10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われますので、10月26日(土)に開催日が変更となりました。

そこで今回は、2019年の時代祭の日程や時代行列のルート、鑑賞スポットなどを紹介していきます。
ぜひ参考にしてみて下さいね!


2019年京都時代祭の日程

時代祭といえば時代行列が有名ですが、それ以外にも行事があります。
確認してみましょう。

祭儀の日程

  • 10月15日(火):参役宜状授与祭
  • 10月21日(月):前日祭
  • 10月26日(土):時代祭、神幸祭、行在所祭、行列進発、還幸祭
  • 10月27日(日):時代祭後日祭

※時代行列は雨天の場合、翌日の10月27日(日)に延期になります。

※2019年は10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われますので、10月26日(土)に開催日が変更となりました。

この中で人気の行事が「時代行列(行列進発)」になります。

こちらの時代行列は京都の歴史といわず、日本の歴史を8時代の行列に分けて、明治時代から延暦時代へと遡りながら行進します。

行列は約2000人の人が行列を作り、その長さは約2キロメートルまでにもなるといいます。
時代の流れを衣装や祭具で再現しており、日本の歴史を肌で感じられる圧巻の光景ですよ。

2019時代祭「時代行列」の進行時間とルート

引用:京都市観光協会

当日の流れとしては、京都御所を12寺に出発して平安神宮に14時半に到着予定です。

12時から14時半のたった2時間半かと思われるかもしれませんが、通過時刻は先頭の行列なので、最後尾が到着するのはもっと後という事になります。

場所 時刻
京都御所 12:00(出発)
烏丸丸太町 12:30(通過)
烏丸御池 12:50(通過)
河原町御池 13:20(通過)
三条大橋 13:40(通過)
三条仁王門通 14:20(通過)
平安神宮 14:30(到着)

この時代行列の間は交通規制がかかっていますので、付近で車を使う方は注意しないといけないですよ。

参考記事があるので気になる方は読んでみて下さいね。
【関連記事】【2019年】京都時代祭の交通規制に関する情報!時間や場所についてを徹底解説!

2019年時代祭おすすめの鑑賞スポット

時代祭のおすすめ鑑賞スポットはいくつかあるのでご紹介しますね。

  1. 京都御所
  2. いい場所で観るならこちらがおすすめですが、早めの場所取りが必要です。

  3. 京都御所内の「御苑」
  4. 京都御所でも行列出発前の「御苑」で鑑賞したい方は朝の6〜9時くらいから場所取りをした方がいいですよ。

  5. 平安神宮
  6. こちらもおすすめの場所ですが、早めの場所取りが必要です。

  7. 京都市役所前
  8. こちらは道幅が広いので、場所取りをしなくても見やすいポジションを確保できます。
    とはいうものの、早い時間に行った方がよりいい場所で見れますね。

  9. 神宮道(二条通り〜応天門まで)
  10. こちらでは「室町列の風流踊り」が披露されるのでおすすめです。
    道が狭いところもあるのですが、その分近くで見れます。

2019年時代祭の有料観覧席

時代行列を見たいけど、早くからの場所取りがめんどくさい、立ち見がしんどい、ゆっくり見たい等思う事は色々あると思います。

そんな方におすすめなのはゆったり観れる有料観覧席です。

  • 京都御所(通過時間12:00頃)
  • 御池通(通過時間13:00頃)
  • 平安神宮道(通過時間14:20頃)料金:1席2,500円

(全席指定パンフレット付き)

ゆったり時代行列を楽しみたい方には、こちらの有料観覧席がおすすめですよ。

詳しくは以下の記事で取り上げているので読んで見て下さいね。
【関連記事】2019時代祭の有料観覧席の場所と値段、チケット購入方法についてを徹底解説!

まとめ:2019年京都時代祭の日程や時間、ルートとおすすめ鑑賞スポットについて

いかがでしたか?

今回は2019年時代祭の日程、時間、ルート、鑑賞スポットについてご紹介しました。
おさらいしておきましょう。

  • 時代祭の期間:10月15日(火)〜10月27日(水)
  • 時代行列の日程:10月26日(土)
  • 鑑賞スポット:記事参照
  • ※2019年は10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われますので、10月26日(土)に開催日が変更となりました。

時代祭は葵祭、祇園祭とともに京都の三大祭りとして知られ、国内だけでなく海外からの観光客も多く、沿道を埋めつくします。

山国隊が奏する笛や太鼓の音色を先頭に約2000名、約2キロに渡る行列が巡行して京の街並を彩ってくれるのです。

また、時代行列は衣装だけではなく、髪型、着付け、持ち物など当時のままをリアルに再現した行列で、日本の歴史や文化を顧みられるのもいいものですね。

年に一度の時代祭、是非京都の歴史を感じてみて下さいね!

【関連記事】2019時代祭の有料観覧席の場所と値段、チケット購入方法についてを徹底解説!
【関連記事】時代祭2019雨で延期や中止になるのか?有料席は払い戻しになるのかを徹底解説!
【関連記事】【2019年】京都時代祭の交通規制に関する情報!時間や場所についてを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA